雨上がりの空に―わたしの不登校経験談―

とある大学院生の不登校経験談を、ゆるっとマイペースに綴ります。

父とのこと。①

この頃、家のことで一つ進展がありました。高3の夏から全く顔を合わせず、口を聞いていなかった父と「形だけの和解」をしたのです。


わたしが父を無視をし始め、一緒にご飯を食べることを拒否してしばらくの間、父は母に「今の状況をどう解決すべきか」というような長文メールを送っていました。こういう理屈っぽいところというか、何でも理論的に解決しようとするところに非があるということに本人が気づかない限りは何をしても無駄だな、と思いましたね(笑)

 

わたしは正直、もう一生このままでも良いと思っていました。だから極力父とは顔を合わせないよう細心の注意を払っていましたが、タイミング悪くリビングで偶然鉢合わせしたりすることがあると、それだけで涙が出ました。そのくらい、この頃のわたしは父を嫌っていました。

ある時から、父は仕事帰りにケーキやお菓子を買ってくるようになりました。が、それさえもわたしにとっては腹立たしいことでした。
「どうしてもわたしを喜ばせたいのなら、まず、今のわたしが何を望んでいるのか、そして何を欲しがっているのかを誰かに聞くところから始めないといけない。“ケーキを買ってくれば喜ぶだろう”という勝手な想像だけで動くのはやめてほしい。わたしはあなたのそういう自分本位なところに嫌気がさしているというのに、なぜまだそのことに気づかないのか。」

ここまでしてもらってなんてひどい娘だ、と思う人もいるかもしれませんが(笑)これが当時のわたしの正直な気持ちです。

最初はずっとわたし一人だけ、リビングとはべつの部屋でご飯を食べていたのですが、途中から母が気を遣って、わたしと一緒に食べてくれるようになりました。そうすると、一人リビングに取り残された父が、「一人でご飯食べるのが虚しい」と言い出したのです。で、それ以降母は、ご飯の半分をわたしと一緒に食べ、残りの半分を父と一緒に食べる、、、という生活を送るようになりました。

正直、「何甘ったれてんの」と思いましたね(笑)自分が蒔いた種なのに、意味がわかりません。
わたしだって一人でご飯を食べていた時は「寂しいな」と思うことももちろんありました。でも自分の意思でやっていることなので、そこにつべこべ言う資格はありません。だから母が「わたしと一緒にご飯を食べる」と言ってくれた時は、嬉しいというより、逆に申し訳ない気持ちになりました。それなのに、父はこの期に及んでまだ自分のことしか考えられていないわけです。本当に信じられませんでした。